自社株の相続対策について

HOME > 自社株の相続対策について

後継者への事業承継と並んで重要となるのが、自社株の相続対策です。こちらでは、同族会社の自社株対策における基本的手法を紹介いたします。

早期移転と評価額の引き下げがポイント

自社株対策では以下の2点がポイントになります。

・株式の早期移転
・株価評価の引き下げ

相続対策の基本戦略は早期移転と評価額の引き下げです。業績の良い企業であれば毎年株価が上昇するため、株価評価が低いうちに自社株を後継者に移転しておくのが得策です。移転方法には譲渡と贈与がありますが、両者を併用して移転すればより効果的でしょう。株式移転の際は自社株の評価額を下げて移転することが重要です。
つまり、評価額のベースとなる類似業種比準価額と純資産価額、それぞれの引き下げを図ることになります。

類似業種比準価額を下げるには

「利益」「配当」「純資産」の3つの比準要素から算定されるのが類似業種比準価額です。この3つの数値を圧縮することが評価額の引き下げに繋がります。例えば、含み損のある投資有価証券、遊休不動産、ゴルフ会員権などがあれば、これらを売却して譲渡損失を実現することで、利益や純資産を減少させることが可能です。

純資産価額を下げるには

純資産は資本金や利益準備金などから構成されます。利益準備金は現在までの利益の中から内部留保されたものであるため、この蓄積を抑えることで純資産を引き下げることが可能です。例えば生前退職金を支給することで、その期の利益や純資産は大幅に減少します。

当事務所は愛知県名古屋市を中心に、あらゆるお客様の悩みに合致した株価評価を行う公認会計士事務所です。一般的な公認会計士とは異なり、株価評価を専門に質の高いサポートを実施しております。

名古屋市内・名古屋市近郊はもちろん、遠方のお客様にも対応いたします。無料相談を実施しておりますので、事業承継、M&A、企業再編、海外企業買収でお困りのことがございましたら、ぜひ当事務所の公認会計士にご相談ください。

大きな地図

◎最寄駅
JR 名古屋駅より徒歩10分
市営地下鉄桜通線 国際センター駅より徒歩1分

◎住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅 3丁目3番2号 志摩ビル6F
Tel:052-533-5240
Fax:052-533-5241

メールのお問い合わせはこちら

サービスメニュー

価値評価サービス
株式・事業価値評価サービス
訴訟案件評価サービス
特殊価値評価サービス
目的達成サポートサービス
M&Aアドバイスサービス
財務・税務デューデリジェンス(DD)業務
事業承継サポートサービス
再生サポートサービス
組織再編・グループ再編サービス

コラム

2015.01.7
年始の挨拶
2014.12.24
ホームページをオープンしました!

Copyright(c)2014 小木曽公認会計士事務所 OGISO CPA OFFICE all rights reserved.

PAGETOP