株式評価手法の種類

HOME > 株式評価手法の種類

M&Aなど第三者間での取引でもちいられる企業の価値、すなわち株式の評価方法には、大別して3種類の手法が用いられます。
一般的な株式評価手法にはどのようなものがあるのか、それぞれの評価手法の特徴について詳しくご紹介します。

インカムアプローチ(収益方式)

企業の将来あるいは現在から期待される利益やキャッシュフロー(資金の流入額)に着目し、一定の還元率で割り戻した上で、企業価値を算定する手法です。企業特有の事情や収益予測を評価結果に反映させる点で優れていますが、将来予測が主観的になるため客観性が確保しづらいという特徴もあります。ディスカウント・キャッシュ・フロー法、収益還元法、配当還元法、調整現在価値法などの手法が挙げられます。

マーケットアプローチ(比準方式)

事業や規模が類似する上場企業や、類似するM&Aでの取引事例など、類似する会社や事業承継事例と比較した上で、必要に応じて調整を行い、相対的に企業価値を評価する手法です。客観性や市場動向を反映しやすいという利点はありますが、評価対象企業の事情は反映しづらくなります。市場株価法、類似上場会社法、類似取引法、過去取引事例法などの方式が一般的です。

ネットアセットアプローチ(純資産法)

評価対象企業の貸借対照表上の純資産額を基礎に、所有する資産の価値から企業価値を算定する手法です。決算書は入手可能であり客観性に優れているものの、将来の収益力や市場動向を反映するのは困難です。簿価純資産法、時価純資産法などの手法が用いられます。

実務上、どの評価手法が選定されるのかは、企業の規模や業界での地位、同業他社の有無など、様々な要素によって決定されます。また、各評価手法の特徴や評価の目的に応じて、複数の評価手法を併用する場合もあります。

名古屋で株価評価のことなら、当事務所にご相談ください。株価評価専門の会計事務所として、非上場会社の株式評価、海外子会社の持分における株式価値、M&Aでの株価評価など、あらゆるニーズに対応いたします。
当事務所はJR名古屋駅より徒歩10分、市営地下鉄桜通「国際センター駅」1番出口より徒歩1分の場所に位置しております。お見積もりまでは基本的に無料相談で対応させていただいておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

大きな地図

◎最寄駅
JR 名古屋駅より徒歩10分
市営地下鉄桜通線 国際センター駅より徒歩1分

◎住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅 3丁目3番2号 志摩ビル6F
Tel:052-533-5240
Fax:052-533-5241

メールのお問い合わせはこちら

サービスメニュー

価値評価サービス
株式・事業価値評価サービス
訴訟案件評価サービス
特殊価値評価サービス
目的達成サポートサービス
M&Aアドバイスサービス
財務・税務デューデリジェンス(DD)業務
事業承継サポートサービス
再生サポートサービス
組織再編・グループ再編サービス

コラム

2015.01.7
年始の挨拶
2014.12.24
ホームページをオープンしました!

Copyright(c)2014 小木曽公認会計士事務所 OGISO CPA OFFICE all rights reserved.

PAGETOP