事業承継の基礎

HOME > 事業承継の基礎

事業承継の3つの基本的要素

事業承継方法を選択するにあたって「後継者の有無」「後継者の意志」「会社の規模と業績」の3つの要素を整理する必要があります。これらの要素を踏まえた上で、企業や現経営者の置かれた状況を検討することにより、どの方法が適切であるかを大まかに判断することが可能です。

1.後継者の有無

・後継者がいる場合
親族の中に後継者候補がいる場合は、親族内承継による事業承継を検討するのが一般的です。

・後継者がいない場合
後継者候補が親族内にいないときは、役員や従業員への承継、M&A (合併・買収)を活用した事業承継を検討することになります。

2.後継者の意志

後継者候補である親族の年齢が若い場合、役員や従業員、取引先から支持を得ることは容易ではなく、経営が不安定になる可能性があるため、後継者に相応しい年齢になるまでは、役員や従業員に経営を委ねるという選択肢が考えられます。しかし、後継者には企業を存続・発展させようとする強い意志が求められるため、後継者にその意志がある場合は、親族内承継で検討すべきでしょう。

3.企業の規模と業績

承継する企業の規模や業績は、事業承継における重要な要素です。規模が大きい会社と小さい会社、財務状態の良い企業と業績の思わしくない会社では、当然、経営リスクも変わってきます。経営上のリスクを背負ってでも、承継する企業に魅力や将来性を感じ、譲り受けたいと思えるかどうかが重要です。

事業承継に欠かせない自社株対策

事業承継で問題になるのが株価評価です。後継者に経営を委ねる際は、自社株を後継者に引き継がなければなりません。創業から長い年月が経過した会社には利益が蓄積され、株の評価が押し上げられた結果、莫大な贈与税が発生する可能性があります。株式評価額のベースとなる類似業種比準価額と純資産価額が高くなる要因には、以下のようなものが考えられます。

<類似業種比準価額が高くなる要因>

・1株当たりの配当が多額である
・1株当たりの純資産が多い
・上場会社の業種別株価が上昇している

<純資産価額が高くなる原因>

・有価証券や不動産などの保有資産に含み益がある
・帳簿価額における純資産価額が高い

株価評価の問題を解決し、事業承継をスムーズに進めるためにも、名古屋市内・名古屋市近郊で事業承継をお考えでしたら、当事務所にご相談ください。「質の高いサービスをリーズナブルな価格で!」をモットーに、事業承継を全面的にサポートいたします。株価評価・M&A・企業再編・事業譲渡などの業務に携わった経験を基に、ご相談に応じております。詳細なお見積もりにつきましては、お気軽にお問い合わせください。

大きな地図

◎最寄駅
JR 名古屋駅より徒歩10分
市営地下鉄桜通線 国際センター駅より徒歩1分

◎住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅 3丁目3番2号 志摩ビル6F
Tel:052-533-5240
Fax:052-533-5241

メールのお問い合わせはこちら

サービスメニュー

価値評価サービス
株式・事業価値評価サービス
訴訟案件評価サービス
特殊価値評価サービス
目的達成サポートサービス
M&Aアドバイスサービス
財務・税務デューデリジェンス(DD)業務
事業承継サポートサービス
再生サポートサービス
組織再編・グループ再編サービス

コラム

2015.01.7
年始の挨拶
2014.12.24
ホームページをオープンしました!

Copyright(c)2014 小木曽公認会計士事務所 OGISO CPA OFFICE all rights reserved.

PAGETOP