M&Aが増加している理由

HOME > M&Aが増加している理由

近年では、国内・海外問わず日本企業のM&Aが増加傾向にあります。この背景には社会情勢や国際情勢など様々な要因がありますが、ここではM&Aの発端をはじめ、M&Aが増加した背景に迫ってみたいと思います。

M&Aブームの発端

日本のM&Aブームが新芽を吹いたのは1990年代末のことです。当時は主に国際競争の激化がM&Aに拍車を掛け、金融機関などの大型合併や、持ち株会社を利用した統合案件が多く見られました。
それに対し、2000年代突入後のM&Aは、事業承継や成長戦略の一環として広く活用されるようになりました。
このように同じM&Aでも、ブーム当初と比較すると、その意味合いが異なります。

中小企業とM&A

高齢化社会の進行に伴い、中小企業においては「後継者不足」が深刻化しています。
後継者がいない状態で会社の存続を検討したとき、経営者様に残された道のひとつが「M&A」であり、近年では会社の存続を図るため、M&Aを決断する経営者様が増えています。また、将来の競争激化などを見越し、機先を制するという意味で大企業の傘下に入る中小企業も多くなっています。

法・会計制度の変革

「会社法」が2006年5月1日に施行されたことによって、従来の規律がより体系的・抜本的に見直されることとなりました。会社法の施行並びに新会計基準などの導入に伴い、株主権の確立や投資効率を重視した経営が求められており、こうした環境下でM&Aが注目されるようになりました。

さらに、参入障壁や自由競争の環境などが整備され、M&Aが実行しやすい環境となったため、多くの中小企業がM&Aというカードを手に入れました。現在のM&A市場及び国内・国外の経済環境に鑑みると、今後もM&Aは増加すると予測されます。

愛知県名古屋市にある当事務所は、株式評価専門の会計事務所です。
専門家ならではの説得力のある株価評価で、M&Aや企業再編、事業承継、訴訟案件などのお悩み解決をサポートいたします。無料相談も行っていますので、業務やお見積もりに関することなど、何でもご相談ください。

大きな地図

◎最寄駅
JR 名古屋駅より徒歩10分
市営地下鉄桜通線 国際センター駅より徒歩1分

◎住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅 3丁目3番2号 志摩ビル6F
Tel:052-533-5240
Fax:052-533-5241

メールのお問い合わせはこちら

サービスメニュー

価値評価サービス
株式・事業価値評価サービス
訴訟案件評価サービス
特殊価値評価サービス
目的達成サポートサービス
M&Aアドバイスサービス
財務・税務デューデリジェンス(DD)業務
事業承継サポートサービス
再生サポートサービス
組織再編・グループ再編サービス

コラム

2015.01.7
年始の挨拶
2014.12.24
ホームページをオープンしました!

Copyright(c)2014 小木曽公認会計士事務所 OGISO CPA OFFICE all rights reserved.

PAGETOP